キャッシング 実質年率 限度額 派遣・パート 即日融資 詳細
3.0%〜18.0% 1〜800万円 あり あり 詳細へ
4.5%〜18.0% 500万円 あり あり 詳細へ
モビット 3.0%〜18.0% 800万円 あり あり 詳細へ
4.5%〜18.0% 500万円 あり あり 詳細へ
プロミス 4.5%〜17.8% 1〜500万円 あり あり 詳細へ

オリックス銀行カードローン

3.0%〜17.8% 最高800万円 あり あり 詳細へ

 

※「プロミス」即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

即日カードローン対応のカードローンは便利!

即日カードローン

上手にお金をやりくりしようとしていても、どうしても今日のうちにまとまった金額が必要という状況ってあったりしますよね。いくら親しい家族や友人といえども、お金を無心するには気兼ねしますし、すんなり貸してもらえるケースは稀です。スムーズにお金を借りたい場合、カードローンを活用するという手があります。
カードローンというと初めて利用される方はダークなイメージがあるかもしれませんが、返済まで計画立てて利用すればこわいことはありません。むしろ、ピンチを救ってくれる便利なアイテムなのです。

 

申し込んだその日にキャッシングするには条件があるのでご注意を

即日カードローン

現在、即日カードローンサービスを手掛けているキャッシング会社は案外たくさんあります。ただし、いずれの会社も即日振込にするためには、申込み期限や審査に必要な契約・手続きを規約に従って完了させることが条件になります。
なお、即日カードローンサービスを利用するのに必要な条件や申込み期限は会社によって異なりますので、あらかじめ確認してから利用するようにしてください。また、申し込んで審査を通過する、希望の額を満額借りられるとは限りません。その点を踏まえたうえで利用するようにしてください。まずは各カードローン会社の公式サイト上にあるお試し審査で簡易判断をしてみてはいかがでしょうか?

 

即日カードローンを受ける上で知っておきたい基礎知識「おすすめの申込方法」

 

キャッシングは非常に利便性の高い一般消費者向けの融資です。担保も保証人も要らず、使途自由のフリーローンでもあり、申込を行った当日中には借り入れられる即日カードローンもほとんどの金融機関で浸透しています。

 

キャッシングへの申込方法は3つ!

 

キャッシングの申込方法は1つではありません。主に3つの方法があります。

 

1つ目は、店頭窓口での申込です。利用する金融機関の店頭窓口に足を運び、直接申込を行います。

 

2つ目は、自動契約機での申込です。近年、ほとんどの大手金融機関が全国各地に自動契約機を設置しています。設置台数が非常に多いので、店頭窓口はなくても自動契約機ならあるという地域も多いはずです。

 

3つ目は、ネットからの申込です。これもほとんどの大手金融機関が導入している申込方法です。パソコンやスマートフォン、携帯など、ネット環境があればどこからでも申込が行えます。以上の3つが主な申込方法になります。

 

その中でも自動契約機、ネットからの申込をおすすめします。と言うのも、店頭窓口の来店客は全ての人が新規申込者だとは限りません。借金の相談や契約内容の変更など様々ということもあり、店内が混雑していることが多いので、申込の段階で多くの時間を消費してしまうことも考えられるからです。理由は他にもあります。例えば、土日祝日は休業している店頭窓口と違い、自動契約機は土日祝日も休まず営業しています。営業時間も比較的長めで、日中に仕事などで時間の取れない人でも利用できます。ネット申込に関しては24時間365日いつでも申込が可能です。

 

ネット申込と自動契約機を併用しよう!

 

キャッシングへの申込後、直ぐに審査が始まります。審査に通過した人は契約を結び、晴れて借り入れることができます。契約は店頭窓口か自動契約機で結ぶことができます。そのため、ネットから申込を行ってもどちらからには来店しなければなりません。最近ではネットでも契約が結べるWEB完結という申込方法も存在しますが、導入している金融機関はごく僅かです。

 

仕事などで来店する時間がないという人も決して少なくないと思いますが、そういった人にはネット申込と自動契約機の併用をおすすめします。申込はネットで、契約とローンカードの発行は自動契約機で行う非常におすすめの併用方法です。審査結果を受け取ってから自動契約機へ向かえば待ち時間が省けますし、万が一落ちてしまった場合でも無駄足を踏まずに済みます。金融機関によって多少異なりますが、多くの自動契約機が22時まで営業しているので、仕事などで時間が取れない人でも日中の空いた時間にネットで申込を行い、仕事帰りに自動契約機で契約とローンカードの発行が行えます。また、自動契約機にはATMが併設されているので、ローンカードの発行後は直ぐに借入が可能です。

 

キャッシングに必要なもの

 

キャッシングを利用するためには幾つか提出しなければならないものがあります。契約をスムーズに進めるためにも事前に準備しておきましょう。まず、必ず提出を求められるのが本人確認書です。これが提出できなければキャッシングは利用できません。以下に有効な書類をまとめたので確認してください。

 

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • マイナンバーカード

 

顔写真の付いたものの方が好ましいので、運転免許証があれば問題ありません。住民基本台帳カードやパスポートなど、日頃から使うことの少ないものを提出する場合には、有効期限が切れていないか注意してください。次に必要なのが収入証明書なのですが、これは基本的には提出不要です。
ただし、50万円以上の借入をする場合、また他社での借入も含め借入総額が100万円を超えてしまう場合には収入証明書の提出が求められます。収入証明書として有効な書類は以下の通りです。

 

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 住民税決定通知書

 

給与明細書を提出する場合、直近のものを数ヶ月分まとめて提出してください。ボーナスが出ている人は1年分の賞与明細書も忘れずに提出しましょう。

 

在籍確認に注意

 

審査の中には在籍確認というものも含まれています。これは申告情報に虚偽がないか確かめるために金融機関が申告された勤務先に電話をかけて利用者の籍が置かれていのか確かめるというものです。在籍確認は審査の1つですので、在籍確認が取れなければ審査に通過することはできません。
ただ、電話越しに氏名や生年月日などの確認が行われるだけのものですので、それほど心配する必要もありません。在籍確認の電話がかかってきた時に万が一席を外していても、電話に出た人の受け応えから籍が置かれていることが確認できれば在籍確認は完了しますし、事前にこちらから時間帯を指定することも可能です。それでも、土日祝日に利用するという人は勤務先が営業していなければ在籍確認は取れないので注意が必要です。
基本的には在籍確認を省くことはできませんが、一部の金融機関では給与明細書と社員証を提出することによって省くことができる場合もあります。どうしてもという人は一度試してみると良いでしょう。

 

即日カードローンの振込キャッシングの注意点・まとめ

今回はキャッシングの利用方法について見てきましたが、ここまでローンカードを使ったATM借入を前提に説明してきましたが、最後に振込キャッシングで即日カードローンを受ける場合の注意点を話しておきたいと思います。振込キャッシングを希望する場合でも申込方法などに変わりはありません。ただ、振込キャッシングで即日カードローン希望する場合、銀行の営業時間内に振込が行われる必要があるので、遅くても14時までには申込を済ませる必要があり、営業時間外の振込は翌営業日まで反映されません。また、銀行が土日祝日の営業を行っていないため振込キャッシングでは土日祝日に即日カードローンを受けることはできません。このようなことから即日カードローンにはローンカードを使ったATM借入が向いていると言えます。

おすすめ即日対応カードローン

銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ 3.0%〜18.0% 1〜800万円 30日間
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
最短30分 なし


公式サイトへ


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
最短即日


公式サイトへ


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三井住友フィナンシャルグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間※
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
最短30分 ○※

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはプロミスポイントサービスにお申込された方

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


公式サイトへ


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
モビット 3.0%〜18.0% 800万円 なし
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
最短30分 なし


公式サイトへ