カードローンの金利は重要なポイント

キャッシングをしようと考えた時、誰でもまず最初に頭に思い浮かぶのは「できるだけ金利の低い業者で借りたい」ということだと思います。確かに金利は、サービスを利用するにあたっての手数料のようなものなので、低ければ低いほど返済が楽になることは言うまでもありません。

 

しかし、忘れずにいて欲しいのが、そもそも何のためにいくらお金が必要なのかという点です。たとえば、いくら金利が安くても希望した額を借りられないのであれば、そもそも選択肢には入りません。また、必要な時に借りられないという場合も同様です。キャッシングをする際には、まず何の目的のためにいくら必要なのかということを明確にすることが、何よりも重要だと覚えておきましょう。

 

金利だけに執着してしまうことのデメリット

キャッシングは定期的な収入のある人が、突発的な入用でお金が必要になって利用する、というケースがほとんどです。そのために重要となってくるのは、金利はそれなりで希望した満額を貸してくれるのか、あるいは安い金利だけど貸してくれる金額が減るかなどといった状況の際、どこに判断基準を置くかということになります。

 

もちろん金利や借りられる金額は業者によって異なるために、それぞれを調べる必要はありますが、あまりに金利だけに執着してしまうと、結果必要な額が借りられなかったということにもなりかねません。

 

カードローンにおける金利の考え方

多くのカードローンの場合、大抵金利は「4.0%〜15.0%」と幅を持って設定されています。それではこの範囲の内、自分に適用されるのは何パーセントになるのか、という点が借りる側にとって気になるところですが、それは借りる金額やこれまでの履歴によって決定されます。

 

業者によってその基準は異なりますが、この最低金利で借りられるのは、300万円〜500万円など大きな金額を借りることのできる場合に限られることが多く、新規の借入であったり小額の入用だった場合には、ほぼこの範囲の中の最高金利が適用されます。

 

そもそもよほど返済能力の高い人でない限り、最初からいきなり数百万といった大きな金額を借りることはできません。数十万程度が多く、返済を繰り返して実績を重ねる中で少しずつ借りられる金額の枠を広げていくことになります。

 

これを考えた場合、金利を選ぶ際に重要になってくるのは、最低金利が安いことよりも、最高金利が安いかどうかという点になります。

 

無利子期間のあるカードローン

最近では多くのカードローン会社で、一定期間利子を免除する無利子キャンペーンを行なっています。これは「今入用だけど、給料日には必ず返せる」などといった場合に有効に活用することで、非常に助かるキャンペーンです。

 

ここで心配になってしまうのが、万が一無利子の期間内に返済できなかったらどうしよう、ということですがこの期間が終われば元金と利息分を返済する通常の返済形態に戻るだけなので、心配する必要はありません。今後のキャッシング条件等に影響するようなペナルティもありませんので、初めての方でも安心して申し込むことができます。

おすすめ即日対応カードローン

銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ 3.0%〜18.0% 1〜800万円 30日間
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
最短30分 なし


公式サイトへ


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
最短即日


公式サイトへ


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三井住友フィナンシャルグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間※
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
最短30分 ○※

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはプロミスポイントサービスにお申込された方

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


公式サイトへ


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
モビット 3.0%〜18.0% 800万円 なし
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
最短30分 なし


公式サイトへ